ケ・ブランリ- ジャック・シラク美術館

ホテル・ラ・タミスが世界の各地域の「原始芸術」を専門とするケ・ブランリ- ジャック・シラク美術館をご紹介します。

X
Book your stay
1 大人
0-11才
0-3 才
12才未満のお子様の手数料無料
すべての情報に関しては
レセプションにお問い合わせください
+33 (0)1 40 41 14 14 Coût des appels locaux
le musée du quai branly - jacques chirac

パレ・ド・トーキョーとガリエア宮の正面のセーヌ河岸に位置し、エッフェル塔にも至近のケ・ブランリ- ジャック・シラク美術館は西洋以外の美術における重要な場です。

 

文化と対話をする美術館

 

 アフリカ、アジア、アメリカ、オセアニア美術と文明を専門にした美術館創設の考えは1996年に当時の大統領ジャック・シラクの元で生まれました。3年後に建築家ジャン・ヌーベルのプロジェクトが選ばれ、2006年にケ・ブランリ- ジャック・シラク美術館として一般公開されました。この美術館の第一の使命は翼知られていない西洋以外の文明とその美術を承認する中でそれらのコレクションを文化間が対話をするような方法で展示することにあります。施設内には3500点以上もの展示品を所蔵しています。とりわけ一風変わった美術館、ケ・ブランニの施設はテーマ別の解釈を与えてくれるだけではなく、視点の多元性を提供してくれます。そのことから、教養の場そして他の文化を知る第一歩の場と言えるでしょう。

異例の建築物と庭園

 

建物の建築の大きな賭けはアフリカ文明、アジア文明、アメリカ文明、オセアニア文明とその美術を集合する場を作り上げるということでした。この課題は5階建て、マルチカラーの大きなキューブを組み合わせ、鉄塔の上に配置された建造物を作り上げたジャン・ヌーベルによって引き継がれました。その総体は直接には見学者には見えないようになっており、美術館は野生的な庭園と道路側の美術館を仕切るガラスの壁で囲まれています。

アンドレ・シトロエン公園を制作したことでも知られる庭園家、ジル・クレモンによって制作された野生的な庭園は美術館の一部をなしています。 150本の樹木、およそ1000種に及ぶ植物がケ・ブランリ- ジャック・シラク美術館の緑で生い茂った総面積15、000m²に及ぶ公園を構成しています。美術館にはいろいろな国からやって来た15、000種以上に及ぶ植物で構成された800の巨大な緑の壁もあります。
ホテル・ラ・タミスからもほど近い、ケ・ブランリ-ジャック・シラク美術館の総体は自然と文化に特化した空間を作り上げているのです。

スタッフのイチオシ

レストラン・ラルドワーズ
«オークルとイエロー配色の壁が特徴のビストロ。ピエール・ジャイの料理はシンプルかつ的確。彼のブルジョワな料理があなたの舌を満足させます»
28, Rue du Mont Thabor - 75001 Paris
ウェブサイトを御覧ください
ル・バー・ラ・タミス
« ラ・タミスは場所の雰囲気に合った洗練された季節の料理をご提案します。»
4, rue d’Alger 75001 Paris
ウェブサイトを御覧ください